So-net無料ブログ作成

益子陶器市へ [地域紹介]

益子陶器市に行ってきました。

今回は一つの目的があって。

最近、知人から茶の湯に使用する水指をいただきました。その人は30年ほど前に茶道を習い始めた頃その水指を求めたそうですが、すぐ稽古をやめてしまって未使用のまま長い間しまい込んだままだったそうで、使用してほしいともってきました。作者は萩原芳雄さん。

しばらくするとこんなのもありましたと持って来てくれたのが蓋置。同じような美しい模様の出た灰釉でした。

これは、建水と杓立があれば皆具として使えるということで、同じものを探しに行くことにしました。

同じものがなければ似たような感じの物を見つけようかと久しくいってなかった陶器市にあわせて茶道の友人と一緒に行くことに。そのうちの一人は実家が益子町で、氏とは幼馴染みということで登り窯を見せてもらいながら伺いました。

登り窯は2011年の東日本震災の前までは使用していたのが、震災時に被災し使えなくなってしまったということで、傍らに薪が積まれたままとなっていました。震災後益子を離れた人もいるようです。


持っていった蓋置を見せるとすぐああ、これは一番前の室で焼いた灰釉だといいました。ぐい飲みの一つずつをもどこにおいたかを覚えているそうです。氏は裏千家茶道も習っていて皆具として作ったということでした。

作品は手元には残っておらず、10年ほど前におろしたというお店を教えてくれました。


益子出身の友人の案内で、快晴のもといくつかの店をのぞきながら歩きます。

昔からなじんだ益子焼だけでなく様々なデザインの作品等も楽しみながら。

 

たくさんの人でにぎわっていました。


目的の店に着くと、何とまあ同じような水指を見つけました。その前に蓋置と建水もあり、持参した蓋置を建水の中に入れてみたりして、美しい窯変のあるのに決めました。

杓立もあるか尋ねたところ、その店にはなかったものの、同じ経営の別の店舗に1個あったともってきてくれました。

主の老婦人が杓立を探しに行ってくれている間、登り窯が使えなくなってしまったからもうこんな窯変は出ないと愛おしそうに何度もなでながら言うのが印象的でした。

目的を達したので大満足。待っていたのよと友人達も喜んでくれました。

 

次に萩原芳典さんの個展が開かれていた陶庫に行ってみました。作品の印象はシャープ。昔からの柿釉を使用していますが少し感じが違います。

次に藍染の日下田正さんの工房へ。藁屋根の母屋の中には藍甕がたくさん並んでいて作業中でした。

裏手では作品の販売も行われていて、陶器市にあわせて1割引、母へのお土産に藍染の大判ハンカチを買いました。


ランチは森のレストランでパスタとコーヒー。久しぶりの会話を楽しみました。

 



益子陶器市は5月6日まで。秋の陶器市もあります。

nice!(20)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 20

nice!の受付は締め切りました

コメント 7

コメントの受付は締め切りました
tochi

この時期、益子は込んでいますね
目的のものが買えてよかったですね
私も昨年、ちょっとしたもを買いましたが地元の知り合いの方にお店を紹介してもらいました
by tochi (2019-05-04 22:15) 

Take-Zee

こんにちは!
登り窯復活プロジェクトが活動しているようでが、
まだ火入れには至っていないんですね。

by Take-Zee (2019-05-05 10:12) 

旅爺さん

登り窯はじめいろいろ楽しんでこられましたね。
森のレストランはご無沙汰なんです。
我が家から益子町は150m位なので自転車でよく行きます。
by 旅爺さん (2019-05-05 18:09) 

旅爺さん

お買いになった益子焼は楽しまれてるんでしょうね。
爺は近いので2年くらい陶器市には行ってません。
でも益子の西明寺には何度か行きました。
by 旅爺さん (2019-05-10 19:39) 

旅爺さん

最近暖かい日が多くなりましたが楽しみはお茶と後はなんでしょう?
今年はまたお遍路さんの旅をなさるんでしょうか?。
by 旅爺さん (2019-05-13 06:27) 

森田惠子

求めていたものが手に入って良かったですね。
益子は若い作家さんが増えて、雰囲気も変わりました。
作るだけでなく、売ることも街ぐるみで応援してくれているみたいですね。
by 森田惠子 (2019-05-13 22:02) 

れもん

nice&コメントありがとうございます。
浜田庄司さんゆかりの登り窯復活プロジェクトとはことなり個人での登り窯復活は大変なようですね。
今回久しぶりの陶器市でししたが作るだけでなく売ることも街ぐるみという森田さんの言葉そのとおりだと感じました。また、昔は益子焼は茶道具としてはどうかといわれていましたが、いいものがたくさんありました。楽しめます。
旅爺さん、今年は四国別格霊場20カ所が巡礼会では計画されていますが考え中です。

by れもん (2019-05-14 18:51)