So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

第71番 剣五山弥谷寺 [四国遍路30年秋]

第71番 剣五山弥谷寺(けんごさんいやだにじ)は真言宗善通寺派、御本尊は千手観世音菩薩(真言おんばざらたらまきりく)。


高松市内で昼食の後、高松ICから高速道に入り、三豊市三野町の弥谷寺に向かいます。途中通過していく丸亀市はうちわの町で有名、全国シェア90%、ある調査では外国人の人気土産品1位は白い恋人、香川のうちわは京都の八橋をぬいて全国9位だそう。

坂出市は瀬戸大橋の香川県側の拠点。讃岐富士とよばれる飯野山を望みながら走り、弘法大師の故郷である善通寺市を過ぎていきます。金毘羅さんを祀る象頭山や善通寺の背景となる五岳山の説明を等聞きながら三豊ICで一般道路に。高松からおよそ40分ほどで弥谷寺に到着。


弥谷寺は山の中腹にあって、本堂までは合計570段の階段を登らなければならず、讃岐一番の難所といわれている。大師堂まででも370段あり、今回はバスの駐車場からここまで寺のマイクロバスに乗り換えました。

本堂へはさらに170段の急な階段を登り、その途中には岩肌に阿弥陀三尊像や磨崖仏が刻まれていて、到着した本堂前からは讃岐平野の絶景が一望できます。

本堂前からの眺め ↓


弥谷寺は自然の立地を上手く生かして造られている。↓これは本堂から大師堂への間の風景。


大師堂 ↓ 靴を脱いで堂内に入る。堂内奥の岩窟は奥の院「獅子ノ岩屋」。幼少の頃の弘法大師がここで勉学に励んだという所で大師像など安置されている。



次は72番曼荼羅寺に向かう。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

第83番 神毫山一宮寺 [四国遍路30年秋]

今回は昨年の春と秋、今年の春に続いて最終となる第4回目の旅、第71番から結願の88番までの遍路で、


第1日目(11月12日)は、高松空j港11:10着、貸切バスで空港から最も近い第83を最初に高松市内で昼食の後、第71番から第74番まで。


第83番 神毫山 一宮寺(しんごうざん いちのみやじ)は、真言宗御室派、御本尊は聖観世音菩薩(真言はおんあろにきゃそわか)

創建は奈良時代初期大宝年間(701~704)と伝わり、讃岐の国の一ノ宮である田村神社の別当職となる。神仏分離令によるのではなく、江戸時代初期に高松藩主松平頼常により別当職を解かれ、完全な仏教寺院となっている。


山門 ↓

 

大師堂↓


本堂 ↓  屋根の形がうつくしい。元禄14年(1701)の建立。


鐘楼 ↓


nice!(17) 
共通テーマ:旅行

南禅寺 [神社仏閣]

今年(2018)10月20日の南禅寺です。

臨済宗南禅寺派の大本山南禅寺の山門。








↓ 法堂

 

方丈の小堀遠州作の庭園。石の配置から「虎の児渡し」とよばれている。


↓ 水路閣。この下をくぐって一段と高くなっているところに南禅院があります。亀山天皇の離宮の跡で、南禅地発祥の地。

 

nice!(36) 
共通テーマ:旅行

室生寺 [神社仏閣]

室生寺です。


金堂(国宝・平安時代初期)堂内では一木造りの御本尊・釈迦如来立像(国宝・平安初期)を中心に、同じく国宝の十一面観音菩薩像等美しい仏像の特別拝観ができました。



総高16.1m。屋外に建つ五重塔では最小という(国宝・平安初期)。平成10年台風で損傷を受けたが平成12年修復。



御朱印


この時期だけ期間限定の御朱印 ↓

 img003.jpg


nice!(35) 
共通テーマ:旅行

お伊勢さん [旅行]

先日、伊勢に行ってきました。

003.JPG

午後1時半頃、二見ヶ浦に到着、二見興玉神社参拝・夫婦岩等見学しました。伊勢に参ったら最初はここからスタートするものだそうです。

次に外(豊受大神宮)へ。外宮正宮に参拝。

正宮↓ 大樹の間から見える勝男木が光り輝いて美しかった。

 

宿泊場所の神宮会館に荷物をおいて、おかげ横丁にいき、名物の伊勢うどんをたべてみました。

 

この後夕食なのでうどんは2人でシェア。

↓左が普通の伊勢うどん。500円。これを汁に絡めていただきますが、柔らかく、汁の色は濃いいのですが辛くはなく美味しかったです。胃にやさしい。右はカレーうどん。


  

その後、すぐそばの赤福の店で、出来たての赤福(2個、ほうじ茶付き220円)をいただきました。おいしかった。  おかげ横丁は5時で店じまいになるので、宿に戻ります。


街なかのマンホールも伊勢らしい。


翌朝は、6時20分内宮の早朝参拝に行きました。係の方が説明しながら案内してくれます。五十鈴川で手を清めてから大きな榊の森の中を玉砂利を踏みしめながら進みます。

↓ 正宮


↓ 宇治橋


お札の納められた擬宝珠にもさわってきました。


およそ2時間弱の行程で、説明を聞きながら気持ちよく参拝させていただきました。神宮の写真はほとんど撮っていません。はじめての参拝に心を向けていたかったので。


nice!(23)  コメント(6) 
前の5件 | -