So-net無料ブログ作成
検索選択

下手なスケッチですが [茶の湯]

今日はお茶の稽古日でした。生菓子は 若桜。

若桜.jpg

何時もその日使った和菓子を下手なスケッチで残しています。例えば歳末には蕎麦饅頭

蕎麦饅頭.jpg

正月の花びら餅

花びら餅.jpg

2月にふくじゅそう

フクジュソウ.jpg

夏には涼しげなものを使っていました。

natu.jpg

こうして残しておくのは物忘れに対応するため。次の稽古の時に同じものにならないようにしています。茶の楽しみの一つに季節の和菓子がありますから。

夏の色.jpg

もっと上手に書きたいけれど自分でわかる範囲で良いかとおもっています。菓子と共に、その日習ったことなどメモしておきます。

昨年の春に使った桜はこういうねりきりでした。

桜.jpg


御用川の桜 [宇都宮]

決して名の知れた場所というわけではないですが、散歩コースの一つ御用川沿いの桜がきれいでした。


御用川は本多正信が宇都宮城下を整備する際に資材運搬のため掘らせた人工の川です。



今日は冬に戻ったかの様な寒さでしたが少年二人、ゲームでもしてるのか仲良く座っていました。


目に優しい本 [趣味]

歴史小説が好きなのでよく読んでいます。葉室麟や宮城谷昌光等がすきです。読書は好きですが困るのは目が疲れること。そんな悩みを解決してくれる、 目に優しい本 があります。

その一つは、(福)埼玉福祉会が発行している大活字本シリーズです。

(一例)  ↓

また、(株)リブリオ出版が発行している大きな活字で読みやすい本~「著名人が語る〈知の最前線〉」全8巻~等もあります。

これらは老人や弱視者にとって読みやすく大いに助かりますが、一方、出版社からすれば大きい活字を組めばページ数が増え、販売部数もそれほどまとまらないのでコスト高になってしまうという悩みもあるようです。図書館や福祉センター、病院等でもっと多く利用されるようになるといいと思いますが皆さんご存じでしたか?


水戸の銘菓 のし梅 [和菓子]

花粉は飛びそうにないのでベランダの片付けをしたついでに去年挿し芽した椿やカワラナデシコを植木鉢に植え替えました。


ミセバヤも年々小さくなってしまうので何とか大きく育てたいものと植え替えてみました。



お茶受けには水戸銘菓の のし梅を。



竹皮に梅ゼリーを挟んだ甘酸っぱいお菓子です。寒天に梅ピューレを混ぜて固めのゼリーにし、切り分けて竹の皮で挟んでいます。ほんのり梅の酸っぱさがある爽やかな甘さのお菓子です。厚さ5㎜位で透き通った琥珀色をしています。



とても美味しいです。

水戸 偕楽園 [茨城県]

水戸偕楽園の梅が綺麗でした。

偕楽園は水戸9代藩主徳川斉昭により1842年に造られ、日本三名園の一つとされます。

 







好文亭からの眺め


東門にある常盤神社にもお参りしました。

水戸2代藩主徳川光圀公と9代藩主斉昭公が祀られています。




相馬の百尺観世音菩薩 [福島県]

波立薬師を参詣の後、常磐道を北へ走り相馬に向かいました。帰還困難区域内は原則通行不可ですが、高速道を通るなら大丈夫ということです。
道路脇には放射線量の表示があって、一番高い値は3.6マイクロシーベルト/時だったと思います。一目して他の地域との相違が目立つ区間に入りました。道路右手一帯には延々と太陽光発電の装置が設置され、反対側のおそらく田畑であっただろう所は単に冬枯れの景色というのではなく人の
手が全く入らないまま放置され荒れ果ててしまった感じがします。さらに緑のシートに覆われていますがその下には黒色の廃棄物が置かれているのがわかります。何カ所も。あちこちに。

原発の問題・放射能廃棄物の問題が解決しない限り”復興”はないと思います。隠し通しはダメです。

さて、相馬へ向かった目的は、百尺観音に参詣するためでした。昭和6年に荒嘉明と言う人物が夢枕に立った観音様の建立に着手し、完成を見ずに亡くなるとその子が後を継ぎ彫り進め、さらに次の三代目と続き、現在は4代目の子孫が超巨大な観音像を彫りあげることを目指しています。完成すれば118尺になるということで、現在は88尺ということです。

広い駐車場があり、境内もきれいに清掃が行きとどいている様子で気持ちが良かった。大きな観音菩薩坐像で、多分脚の部分と下には連弁が彫られるのでしょう。手に蓮の花を持っていますが指の一部が欠け落ちていました。親子4代に渡って少しづつ掘りつづけられてきて今では相馬の人にとっては心の拠り所ともなっているとのことです。


御詠歌は、「しら雲をしのぐいわおの観世音ひろき誓いに救いもらさず」とありました。






参詣の後、松川浦の海鮮市場で昼食。厚く切り分けた刺身の盛合せを大変美味しく頂きました。隣接の海鮮市場で買い物をして帰って来ました。


東日本大震災慰霊の法要 [福島県]

臨済宗妙心寺派による平成28年度平和・復興のいのりが開催されました。2011.3.11の東日本大震災から6年の今年は、仏事では七回忌法要にあたります。平和・復興のいのり~東日本大震災慰霊法要~が福島県いわき市で行われました。



会場は、1日目は、いわき市のスパリゾートハワイアンズで、午後2時から法要がおこなわれました北海道から九州まで500名以上の壇信徒が参加のようです。

引き続き行われた復興講和は、スパリゾートハワイアンズ宿泊グループ総括支配人によるもので、3.11当日の宿泊者617名への対応、その後の原発事故避難指示による風評被害下での困難、さらに4.11に起きた直下型余震では構造被害が発生し、復旧の見通しが立たない状況になり、そうした中でフラガール全国キャラバン(247公演)が始まり、また営業再開まで204日間の長期休業を余儀なくされた中で社員の解雇は1名もなく再開に至った状況をききました。

スパリゾートハワイアンズは、昭和30年代のエネルギー革命により、常磐炭鉱が廃止されることから起業した日本発のテーマパークであり、その後の発展の裏側には、常磐DNAともいえるもので起業と地域社会との共存共栄の思想及び一般大衆が受け入れる時代背景があったことが大きいといえますが、いわき市の産業別就業者数は観光業は全就業者数の21.4%を占めるそうです。大地震、大津波、原発事故そして”風評被害”の四重苦と戦いつつもグランドオープンにこぎつけたスパリゾートハワイアンズを応援することが地域復興にもつながると思います。

懇親会後には、フラガールのショーを楽しみました。

二日目は、臨済宗妙心寺派の寺院・波立寺、波立海岸での海岸慰霊法要がありました。

波立海岸では、深く掘り下げた地面に波消ブロックを積み上げて防波堤工事をしている様子もみました。


いわきに来ています [福島県]

福島県いわきに来ています。
いわきララミュウで食事をしたところです。
魚市場には新鮮な魚介類がたくさん並んでにぎわっています。どれも安くしかも美味しそうです。


お昼ご飯も刺身や煮魚等でとても美味しく頂きました。

とちぎんマロニエチャリティーコンサート [宇都宮]

栃木県総合文化センター大ホールで行われた「 とちぎんマロニエチャリティーコンサート」に行きました。
宇都宮に本店を置く栃木銀行主催で24回目、チャリティーの益金は奨学金として寄付されます。
コンサートは熱のこもった中にも心温まる雰囲気に終止した素晴らしいものでした。

出演者は、原みどり、イシヲロシア(石下恭子)、金指典男(ドラム、パーカッション)、片野篤(ベース、キーボード、作曲/編曲)、飯野竜彦(鍵盤奏者)、こぐれみわぞう(チンドン太鼓)、松本治(トロンボーン・編曲・指揮)、ホーンズ女子部の皆さん。

顧客代表という人の「岸壁の母」があったり、「ゴンドラの唄」等の大正や昭和の昔懐かしい歌を若い感覚で見事に楽しい時間に組み立てていました。


栃銀合唱部?による「高校三年生」は観客も一緒に声を張り上げて歌う等、かつての歌声喫茶のような感じでした。  ↓

途中休憩をはさんで2時間弱を楽しみました。

地域密着の地元銀行・栃銀主催らしいとても良いコンサートでした。

栃木の魅力度全国46位、北関東3県仲良く最下位を逆手にとって地元から盛り上がってしまおうという心意気に賛成(イシヲロシア(石下恭子)-きたかん音頭リリース-)! 原みどり&イシヲロシアのチャンチキズを応援します。


東日本大震災 警察官救援記録 「 あなたへ。」 [日記]

東日本大震災 警察官救援記録 あなたへ。」を読んでいます。
大震災発生直後から被災者救援・支援のため活動するたくさんの人達がいました。警察官もその一員でしたが、彼らは各県警の広報誌等にその時のことや思いを残していてその一部が一冊にまとめられています。

震災発生時にとった行動が正しかったのかと逡巡する心や行方不明者の捜索に当たった時の出来事等が率直に語られていると思います。

大震災から6年です。時に涙しながら読んでいます。


宇都宮城址公園のカワヅサクラ [季節の花]

宇都宮城址公園の東南部散策路沿いに五十数本のカワヅザクラがあり、そろそろ見頃となります。


東の方から富士見櫓方向を望んだところ。後方のビルは宇都宮市役所です。




公園南口に10台ほどの小さい駐車場がありその辺りから富士見櫓を望んだところ。



晴明館前から清明台方向を望んだところ

来週あたりは満開になるかもしれません。


菜の花 [和菓子]

今日は若いカップルの来客があり、紅茶コーヒーはほかでもいただくだろうからと思い、和菓子と抹茶を用意しました。

おいしいといってそれぞれニ服も所望してくれたのは嬉しかったです。


ヤブツバキ [茶の湯]

今日は、茶の仲間と3ヶ月ぶりに会ってミニ茶会を楽しみました。
ヤブツバキを持って来てくれた人がいました。きれいな赤色でした。



引千切 [和菓子]

今日はひな祭りです。

ひな祭りの頃、茶の湯の稽古によく使われる和菓子の一つに、引千切(ひちぎり、ひっちぎり)があります。



ひな祭りは、平安時代には上巳の節句とよばれ、禊や穢れを払うため身のけがれを移した人形を川に流す風習があり、その人形が雛人形のはじまりといわれています。その由来から、3月3日には厄払いの意味から香りの強い草餅が用意されるようになりました。

生地に餡玉やそぼろ餡をのせて草餅の先端ををひきちぎった形の上に餡をのせたので引千切・ひっちぎりとよばれます。これはその形を練りきりで仕上げてあります。

抹茶に良くあう美味しい季節の和菓子です。


栃木を盛り上げたい [宇都宮]

JR東日本が企画するデイストネーションキャンペーン)DC)により、栃木県内の文化・歴史や食等をターゲットにした様々な企画が進行中のようです。「本物の出会い 栃木」デイストネーションキャンペーン」の幟が宇都宮市内にもあちこちにはためいています。
オリオン通りや


バスが走る大通りにも。


昨年の都道府県魅力度ランキングニュースを見た時は、冗談でしょう!と思ったものですが、このJR東日本との協働により栃木の魅力度アップが実現すれば良いなと思っています。


ブログタイトル変更しました [旅行、趣味]

2010年5月に西国33札所巡りをきっかけにして始めたブログですが、2016年に一応結願しました。ので、これまでのブログタイトル「西国33札所巡りと旅の楽しみ」をやめて「いちごいちえ」に変更しました。

旅行のことや身近な出来事など日々のいちごいちえを気ままに書いていくことにします。今年最大のマイ・イベント四国遍路になりそうです。

これからもよろしくお願いします。


西国札所33ヶ所 満願 [札所巡り]

2010.5.7にはじめての西国33ケ所札所巡りの旅から6年かかって結願を迎えました。

西国33ケ所巡り最後の御朱印は、第33番谷汲山華厳寺で頂くわけですが、華厳寺には御朱印が三つあります(御詠歌も三つあります)。

退職を機会に友人とはじめた西国札所巡りは途中からは巡礼会に参加しての旅となりました。観光を兼ねて公の交通機関を利用しての旅も、巡礼会での旅もそれぞれに思い出がいっぱいです。


とにかく満願を迎えてほっとしているところ。西国札所巡りをして本当に良かった!と思っています。


西国33ヵ所札所巡りの旅の記録としてはじめたこのブログですが、ブログの更新もなかなかに体力と時間がいるものと実感しました。

一応満願を迎えたので最初の目的は終了したことであるし、ブログの更新はしばらくお休みとしたいと考えています。拙いブログにご訪問下さった皆様ほんとうにありがとうございました。

巡礼会では来年から3年計画で四国遍路を予定ということなので今度はそれを目標に体力維持を図るべく頑張っています。 


西国札所巡り 第33番 谷汲山華厳寺 [札所巡り]

西国札所巡りの旅いよいよ最終日。

8時に湯の花温泉を出発、京都縦貫道を通って第17番六波羅密寺を参詣した後、今度は名神高速道路を利用、岐阜県の第33番谷汲山満願寺へ向かいました。札所巡りの満願のお寺です。途中多賀SAで休憩。京都から2時間半弱で到着しました。駐車場から、桜と楓の植えられた道を歩くこと10分、荘厳な仁王門へと到ります。

西国札所第33番谷汲山華厳寺

宗派; 天台宗  本尊;十一面千手観世音菩薩

本堂でまずお勤め。法螺貝~読経~御詠歌~法螺貝。

本堂の回廊を左手の方に回って行くと、千羽鶴に彩られた笈摺堂があり、これまで奉納された笈摺がびっしり積み重ねられてありました。その前を過ぎて、明るい日差しを浴びながら石段を上っていくと満願堂に着きました。ここで満願達成を報告し、札所巡りの結願を迎える。

整列して、いよいよ満願のお勤め。高い杉木立の中で鳴る2台の法螺貝の音は、これまでにも増して生身の五体に響いてきました。深いところから、さながら大海原で波がくりかえし押し寄せてくるように、低い音から高い音へとそしてまた低い音へと繰り返し奏される、深みのある、全てを包み込んでくれるような大きくて温かい音の響きを胸に感じながら思わず涙があふれてきました。

 ここで今回最後の般若心経を読み御詠歌を唱えて満願となりました。お互いに抱き合ったり、記念写真を撮ったりして満願の安堵と喜びを分かち合いました。

 ↓ 満願堂  この前こ全員並んで記念写真を撮ってきました。 

 ↓ 本堂を後にする。

緑が美しかったです。

↓ 二王門  門の前で心からの一礼をし結願の寺、西国札所第33番谷汲山華厳寺を後にしました。

この後昼食。名神高速、名古屋高速を利用して名古屋駅へ。17:12発のぞみで東京へ。19:16やまびこで20:05宇都宮着。無事帰宅しました。


西国札所巡り第16番 清水寺へ [札所巡り]

札所巡りの旅3日目は8時に出発。

第31番長命寺へと向かいました。長命寺の階段は808段。前回友人と来た時は、階段を上ったのですが今回は、全員がタクシーに分乗して境内のすぐ下の所まで。タクシーを降りてさらに90段程上る。靄がかかって幽玄な趣だが、足元は濡れているので気をつけて上っていきました。  9時頃、もう降りてくる人もいました。

靄がかかっていなければ境内から琵琶湖がよく見えるはず・・。前にも来てるので建物も撮りませんでした。

タクシーで駐車場に戻って再びバス移動。32番観音正寺へ。ここも途中の観光案内所にバスを止めタクシーで細い道を上っていきました。

ここは山門がなく大きな仁王像が寺を守っています。境内からは広々とした蒲生野が見渡せる。  ↓ お勤めを終わって

本堂は平成5年に火災で焼失し、平成16年に落慶、像高6.3mの白檀で刻まれた千手千眼観世音菩薩座像が祀られています。

( ↓ パンフレットから写させてもらった)

~~~~~~(ここからは前回訪問時の記事の再掲です)~~~~

◎平成22年8月4日(水) (晴)東京8:33発ひかり505号京都11:15着。 ホテルに荷物を預け、

  琵琶湖線 京都発12:00(快速)で能登川へ。駅からタクシーで約15分で観音正寺に到着。

 32番 繖山 観音正寺 千手千眼観世音菩薩  草創は、推古天皇13年(605年)。 聖徳太子が近江を訪れた際に人魚が葦原から現れ前世に殺傷を生業としたことを懺悔し、供養を願った。願いに応じて太子が千手観音を祀ったのが草創とされる。

中世には近江の守護佐々木・六角氏の庇護を受けて隆盛した。明治に彦根城欅御殿を移したという旧本堂は平成5年本尊千手観音もろとも焼失し、現在の本堂は、平成16年に落慶したもの。千手を刻んだ光背を付けた本尊千手千眼観世音菩薩坐像も16年に開眼された。インド産白檀23トンが使われている寄木造り。 光背に彫られた千手のレプリカに顔を近づけると白檀のいい香りがしました。散華を手に観音様にふれてきました。

仁王像、ここから入る。

 IMG_0363仁王像.jpg

 現在、近江八幡市となっているが、ここの境内からは、眼下に東近江の田園が広がり、古は蒲生野と呼ばれたところ、額田王と大海人皇子の歌の舞台となったところです。遠くには、近江富士と呼ばれる美しい形の三上山があり、低い山にかこまれた遠くまで続く緑の風景のなかに古の景色を想像して感激しました。

   ○天智天皇が蒲生野で狩をなさった時に、額田王が作った歌(額田王)

      「あかねさす 紫草野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」 

  ○皇太子の答えの御歌(大海人皇子)

      「紫草の にほへる妹を 憎くあらば 人妻故に 我恋ひめやも」

本堂内からのぞんだ蒲生野の風景。右の山が近江富士。その左の平らな山が鏡山。少し手前に柴田勝家の籠城した山。蒲生野を近江富士の方に向かって新幹線の高架が見える。説明をきいているちょうどその時新幹線がとおりぬけて行きました。ここからはみえないが、新幹線に沿うように旧中山道が通っているそうです。

現在の蒲生野の風景

IMG_0369蒲生野全景.jpg

IMG_0364新幹線.jpg

 仁王像のあたりからは、遠くに琵琶湖が光って見えました。

IMG_0375琵琶湖です.jpg

 観音正寺.jpg

 この後 31番 姨綺耶山 長命寺 千手十一面聖観世音菩薩 へ向かいました。

タクシーでの移動ですが、近江富士はどこからでも美しい姿を見せてくれます。これは、西の湖。

昔琵琶湖を干拓した後、残った湖で川で琵琶湖につながっているようです。

IMG_0386西の湖.jpg

  長命寺へは、曲がりくねった山道を行く方法と、急な階段を上る方法とがあります。808段あるそうです。どちらも大変きつい。14:40着。

境内からは琵琶湖が望めます。時折さわやかな風が吹き上げてきました。

IMG_0388長命寺階段.jpg

三重塔とソテツの花

IMG_0393三重の塔.jpg 

IMG_0389長命寺.jpg

 長命寺.jpg

 帰りは、石段を下りてきました。自然石を並べただけの手すりのない急な階段。

カーン、カーンと澄んだ音が頭上に響き、足を止めて周りを見回すと、高い竹の幹と幹がぶつかりあう音でした。

やっと道路に出ることができ、バスの時刻を確認してから、売店でかき氷をいただきました。同行者はうどんをおいしいと言いながら食べていました。

15:53発の市民バス「あかこんバス」にのせてもらいました。

バス停の前は琵琶湖。ウィンドサーフィンをしている人がいました。

IMG_0395港.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



次は本日の最終目的地の清水寺へと向かいます。

西国札所16番 音和山清水寺  宗派;北法相宗 本尊;十一面千手千眼観世音菩薩

朱色の山門と三重の塔が美しかった。

本堂に上ってお勤め。一瞬舞台の上のざわめきが消えたような気がしました。

若葉のみどりが目にしみました。


清水寺はとにかく人が多かった。着物で歩くというツアーがあるのか、外国人男女の着物姿がやたらと多い。が、なんかおかしい。(キモノダケレドキモノデハナイ)。これが日本と思ってもらってはイヤだなという感じがしないでもなかったです。

これで三日目は終了。京都縦貫道を通って、湯の花温泉のホテルへ向かいました。今回の旅は三泊とも温泉。出かける前は一泊くらいは京都市中のホテルでも良いかもと思ってましたが、清水寺の外国人の多さをみてこちらの温泉で良かったと思いました。

そして、この夜、熊本の地震のニュースが流れ大変驚き心配しながら床に着きました。


西国札所巡り 第11番醍醐寺へ [札所巡り]

西国札所 第11 番醍醐寺

   宗派;真言宗醍醐派総本山  本尊;准胝観世音菩薩 

受付を入るとすぐ目についたのが豪華意匠の門。


国宝の五重の塔の横を通って本堂へと向かいます。 


本堂    

本堂に到着しました。醍醐寺の僧侶による読経が続いており、しばらく待ちましたが終わりそうになく、後からやってきた別の巡礼団体の方達も待っていました。般若心経と御詠歌のみお唱えすることになりました。静かに般若心経を唱えながら僧侶の読経と私たちのとが全く違和感なく唱和していると感じました。御詠歌も終わって外に出ようと向きを変えた時、後ろで待っていた白衣姿の人から深々とおじぎしながらありがとうございましたと言われました。ありがたいことでした。

今回の巡礼最初の宝厳寺の観音堂ではローソクを上げようとしていた他の参詣者に少し迷惑をかけてしまったのを、夜の食事の時、住職からさりげなく注意を受けました。良い法楽を行って良い法悦を得られるような、周囲の方にも法悦をお分けできるような良い巡礼にしましょうと言われたことを思いだしました。

帰りに薬師堂にも参詣してからバスに戻りました。

その後、番外元慶寺へと向かいましたが、道が狭いのでバスをおりて小雨の中をしばらく歩くことになりました。

番外の元慶寺 ↓ 境内から山門の方を向いて。雨に洗われて緑が清々しい。

これで2日目は終了、雄琴温泉の旅館「びわこ緑水亭」へ戻りました。