So-net無料ブログ作成
宇都宮 ブログトップ
前の5件 | -

多気山不動尊の萬燈会 [宇都宮]

昨日9月5日、多気不動尊に行ってきました。


八朔祭の宵祭り『万灯会』が開催されていました。



 ↓ 本堂。 御本尊は不動明王。5日と6日のみ御開帳。今年は御本尊不動明王が氏家勝山城から遷座され680年にあたり、それを機会に八朔祭宵祭りに万灯会を行うことになったとのこと。


内陣奥で御開帳された不動明王を間近に拝することができてうれしかった。温かい感じでした。

参道から境内、諸堂に設置された約4000個のろうそくの灯が暗闇に美しく映える時刻に栃木県智山青年会による声明ライブがはじまりました。屋外で声明を聴くのははじめて。時々玉砂利を踏みしめる音が混じったりしても良い感じできいておりました。

 

その後でゴスペルライブ。お寺でゴスペル? ですが違和感はそれほどありませんでした。仏も神も心では通じるものがあるのでしょう。途中で誰かが鐘をついたようですが邪魔ではなかった。ほんのちょっと御住職が法螺貝を吹いてのコラボも楽しめました。





130余段の階段の途中から見た、山際の参道までおかれたろうそくの灯が木々の間に見え隠れするのや諸堂を荘厳している灯の景色は実に美しかったです。


楽しい時を過ごすことが出来ました。

※ 久しぶりに投稿しました。コメントいただきながら何かと忙しく失礼しました。なるべくマメに出来るようにはしたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします。


nice!(50)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

田川河畔の垂れザクラ [宇都宮]

JR宇都宮駅西の宮の橋辺りのシダレザクラがそろそろ見頃です。

まだ開花しない木もありますが見事に咲いているのもあります。


一つ上の幸橋から宮の橋方面を眺めたところです。

田川の橋を歩いてみる① 宮の橋 [宇都宮]

JR宇都宮駅のそばを流れる田川。日光市内標高500m程度の源流部から続く今市扇状地から形成される上流域、沖積低地で平坦な地形で宇都宮市街地が広がる中流域、広大な水田地帯の下流域からなりやがて鬼怒川に合流する約78㎞の川。宇都宮市街地には14の橋がかかっているそうなので運動がてら橋を順番に歩いてみることにしました。

はじめはやはり駅正面大通りの「宮の橋」から。

021.JPG

「宮の橋」は宇都宮駅前にかかる田川を代表する橋。東北本線宇都宮駅が開業して翌年の明治19年に本格的木橋となった。幅42mは田川の橋の中で最大。長さ50.1m。幅」42.0m。平成7年(1995)完成。

015.JPG

 ↑  宇都宮駅方面を見たところ。  ↓  

017.JPG

002.JPG 

駅を背にして橋を渡るとすぐ天台宗の「宝蔵寺」があります。楼上に梵鐘。「およりの鐘」といいます。

022.JPG

江戸時代は夕方6時頃になると町の出入口は木戸が閉められ通行が出来なくなった。旅人はこの鐘の音を聞いて足を速め、城下の民も静かに一日を終えたといわれている。元々は宇都宮氏8代の貞綱公が父母の墓のある東勝寺(廃寺)に寄進したとされている。明治時代に招魂社に置かれた時期もあったので「招魂社の鐘」とも言われる。招魂社は現在護国神社となって市内西の方にあります。

023.JPG

上流に向かって歩き、次の「幸橋」へと向かいます。


nice!(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

タイ料理の店 象の家 [宇都宮]

高校時代の同級生とランチに行きました。宇都宮市大谷の象の家というタイ料理の店です。

スイカのカービングに「とちまるくん」が施されていて、その見事さに感動。
ここの生春巻はとても美味しいです。石の町大谷の散策のついでに、ゆっくりランチを楽しみたい時はおすすめです。



nice!(32)  コメント(9) 

みくらで会食 [宇都宮]

昔、同じ職場で働いた仲間と久しぶりに会食しました。

場所は宇都宮市内の地共済施設・ニューみくら。

おしゃれなメニューで目にも綺麗。美味しく楽しい懇親会になりました。

初めに地酒で乾杯。サクラマスの刺身などいただいて近況報告等しながら楽しく過ごしました。

androidapp/2731140605224703-1680234018.png

なすと鯛のはさみあげ。 

androidapp/27211406052246321354037015.png

ステーキ 


デザート メロンの緑とクリームの白が爽やかです。

おいしかった~。    ごちそうさまでした。


nice!(33)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 宇都宮 ブログトップ