So-net無料ブログ作成
検索選択
福島県 ブログトップ

相馬の百尺観世音菩薩 [福島県]

波立薬師を参詣の後、常磐道を北へ走り相馬に向かいました。帰還困難区域内は原則通行不可ですが、高速道を通るなら大丈夫ということです。
道路脇には放射線量の表示があって、一番高い値は3.6マイクロシーベルト/時だったと思います。一目して他の地域との相違が目立つ区間に入りました。道路右手一帯には延々と太陽光発電の装置が設置され、反対側のおそらく田畑であっただろう所は単に冬枯れの景色というのではなく人の
手が全く入らないまま放置され荒れ果ててしまった感じがします。さらに緑のシートに覆われていますがその下には黒色の廃棄物が置かれているのがわかります。何カ所も。あちこちに。

原発の問題・放射能廃棄物の問題が解決しない限り”復興”はないと思います。隠し通しはダメです。

さて、相馬へ向かった目的は、百尺観音に参詣するためでした。昭和6年に荒嘉明と言う人物が夢枕に立った観音様の建立に着手し、完成を見ずに亡くなるとその子が後を継ぎ彫り進め、さらに次の三代目と続き、現在は4代目の子孫が超巨大な観音像を彫りあげることを目指しています。完成すれば118尺になるということで、現在は88尺ということです。

広い駐車場があり、境内もきれいに清掃が行きとどいている様子で気持ちが良かった。大きな観音菩薩坐像で、多分脚の部分と下には連弁が彫られるのでしょう。手に蓮の花を持っていますが指の一部が欠け落ちていました。親子4代に渡って少しづつ掘りつづけられてきて今では相馬の人にとっては心の拠り所ともなっているとのことです。


御詠歌は、「しら雲をしのぐいわおの観世音ひろき誓いに救いもらさず」とありました。






参詣の後、松川浦の海鮮市場で昼食。厚く切り分けた刺身の盛合せを大変美味しく頂きました。隣接の海鮮市場で買い物をして帰って来ました。


東日本大震災慰霊の法要 [福島県]

臨済宗妙心寺派による平成28年度平和・復興のいのりが開催されました。2011.3.11の東日本大震災から6年の今年は、仏事では七回忌法要にあたります。平和・復興のいのり~東日本大震災慰霊法要~が福島県いわき市で行われました。



会場は、1日目は、いわき市のスパリゾートハワイアンズで、午後2時から法要がおこなわれました北海道から九州まで500名以上の壇信徒が参加のようです。

引き続き行われた復興講和は、スパリゾートハワイアンズ宿泊グループ総括支配人によるもので、3.11当日の宿泊者617名への対応、その後の原発事故避難指示による風評被害下での困難、さらに4.11に起きた直下型余震では構造被害が発生し、復旧の見通しが立たない状況になり、そうした中でフラガール全国キャラバン(247公演)が始まり、また営業再開まで204日間の長期休業を余儀なくされた中で社員の解雇は1名もなく再開に至った状況をききました。

スパリゾートハワイアンズは、昭和30年代のエネルギー革命により、常磐炭鉱が廃止されることから起業した日本発のテーマパークであり、その後の発展の裏側には、常磐DNAともいえるもので起業と地域社会との共存共栄の思想及び一般大衆が受け入れる時代背景があったことが大きいといえますが、いわき市の産業別就業者数は観光業は全就業者数の21.4%を占めるそうです。大地震、大津波、原発事故そして”風評被害”の四重苦と戦いつつもグランドオープンにこぎつけたスパリゾートハワイアンズを応援することが地域復興にもつながると思います。

懇親会後には、フラガールのショーを楽しみました。

二日目は、臨済宗妙心寺派の寺院・波立寺、波立海岸での海岸慰霊法要がありました。

波立海岸では、深く掘り下げた地面に波消ブロックを積み上げて防波堤工事をしている様子もみました。


いわきに来ています [福島県]

福島県いわきに来ています。
いわきララミュウで食事をしたところです。
魚市場には新鮮な魚介類がたくさん並んでにぎわっています。どれも安くしかも美味しそうです。


お昼ご飯も刺身や煮魚等でとても美味しく頂きました。

茶室麟閣 (会津若松市) [福島県]

鶴ヶ城公園内に茶室鱗閣(りんかく)があります。麟閣は、千利休の子少庵が建てた茶室と伝えられています。

鱗閣1.jpg

天正19年千利休は豊臣秀吉の怒りにふれ死を命じられますが、この時千利休の茶道が途絶えることを惜しんだ会津の領主蒲生氏郷は利休の子少庵を会津に匿い、秀吉に千家再興を願い出ました。この結果少庵は京都へ帰り、千家茶道は少庵の子宗旦に引き継がれ、宗旦の子の代に武者小路千家、表千家、裏千家の三千家が興されて現在まで伝えられています。

茶室麟閣は、少庵が会津に匿われていた時に氏郷のためにつくったと伝えられており、戊辰戦争後は茶人森川善兵衛宅で大切に保存されてきましたが、平成2年、市制90周年を記念し元の場所へ移築復元されました。

表門の裏千家家元の扁額。裏門には武者小路千家家元の扁額が掲げられています。

裏千家058.JPG

中に入って茶会に参加するつもりで雰囲気を味わってみます。

はじめに寄付(よりつき)へと向かいます。寄付は、茶会に招かれた客が待ち合わせる場所。ここで身支度を整える等して路地入りの案内を待ちます。

035.JPG

010.JPG

中門  内路地への出入口

011.JPG

腰掛待合 ここで亭主の迎付を待ちます。(また、中立をしたときは再び席入りの合図をまつための施設です)

014.JPG

亭主の迎付(むかえつけ)があると蹲踞へと向かいます。

037.JPG?

蹲踞(つくばい) 手水鉢が置かれています。茶室に席入りする前に手を洗い口をすすぎます。

016.JPG

石を伝って茶室へ。 客が席入りするのは躙口(にじりぐち)から。

023.JPG

左にあるのは刀掛(かたなかけ)。刀を置く棚で世俗を離れて人と人とが心の交わりを結ぶ茶室では武家といえども帯刀はゆるされなかった。

041.JPG

躙口はひと一人が躙り入れるだけの小さい入口で自分自身を謙虚な心構えに保つという意味が込められています。

040.JPG

躙口から中の様子をうかがいます。三畳台目の茶室です。点前座の方向を見たところです。

042.JPG

024.JPG

床の横に給仕口があります。

下図は麟閣の平面図です。

021.JPG

麟閣の全体。上の図の右側を正面にみているので、三畳台目席、点前座、水屋の関係がわかります。026.JPG

027.JPG

046.JPG

030.JPG

麟閣では毎月1回、少庵の月命日である7日に月釜がかけられていて、会津若松の6つの流派が交代で茶席を設けています。誰でも参加可能(入場料共に1000円)で、お点前は鎖の間で行うそうですが、三畳台目席で床の拝見もできるということです。次回8月7日の当番は石州流だそうですが、詳しいことは(財)会津若松市観光公社(麟閣担当)[電話]0242-27-4005でお尋ねください。

020.JPG

鎖の間正面からみると、右に給仕口、奥の方に水屋が見えてます。

022.JPG

茶室を見て庭を巡ってからお茶席で?抹茶をいただいてきました。お菓子はじょうよう饅頭。とてもおいおいしかったです。

033.JPG

花はモジズリソウがいけてありました。

032.JPG

 

 


御薬園 (会津若松市) [福島県]

御薬園は会津藩主の別荘だった所で「心字の池」を中心に配した回遊式の庭園です。会津藩が直接指導して薬草・薬木を研究したという薬草園があり現在も約400種の薬草が植えられているとのことです。

蓮の花がきれいにさいていました(7月17日)。

063.JPG

062.JPG

061.JPG

睡蓮も。

064.JPG

ミソハギ

066.JPG

メハジキ

068.JPG

池のまわりを巡ってみました。

070.JPG

池の中央に茶屋があります。藩の重役等がここで会議をすることもあったそうです。

074.JPG

岸辺にあった日陰かずら。

075.JPG

御茶屋御殿

078.JPG

079.JPG

この部屋がお茶席になっていて抹茶をいただくことが出来ます。

080.JPG

御茶屋御殿の前から眺めたところです。

077.JPG

082.JPG


会津若松へ [福島県]

7月17日(火)とっても暑い日になりそうなので少しでも涼しいところへということで北の方に向かいました。炎天下で東日本大震災の道路復旧工事が延々と続いていて暢気に観光などしている場合かと少々心の隅で罪の意識も感じながらも、郡山JCから磐越自動車道に乗りかえて会津若松へいくことになりました。

ICから真っすぐ鶴が城をめざしました。

004.JPG

西の丸駐車場に車をとめました。すぐ入口にあった鐘堂の跡。戊辰戦争の時も落城の時まで欠かさず時を知らせ続けた鐘堂だそうです。

002.JPG

管理事務所前にあった応援メッセージ

絆2.JPG

絆1.jpg

鶴が城は1384年に葦名直盛が東黒川館を築いたのがはじまりといわれ、蒲生氏郷が7層の天守閣を築き、加藤時代に現在のような五層の天守閣になりました。戊辰戦争では約1ヶ月に及ぶ戦いで砲弾に傷つき荒れ果てその後政府命令により取り壊されましたが、昭和40年に市民の願いが叶い天守閣が復元されたとのことです。 

鶴ヶ城の1.jpg

平成23年3月に天守閣の屋根が赤瓦に葺きかえられ、幕末当時の姿によみがえりました。赤瓦の天守閣は全国で唯一だそうです。

鶴ヶ城2.jpg 

  ※ 歴史ブログのSazabyさんが冬の鶴が城を紹介してくれてます。

 

ここでは茶室鱗閣をよくみてきました。天正19千利休が秀吉に死を命じられた時、利休の茶道が途絶えることを惜しんだ会津の領主、蒲生氏郷が利休の子、少庵を匿いその時に少庵が氏郷のためにつくった茶室と伝えられています。   (鱗閣については別の記事にします。) 下が鱗閣の入口。

 

鱗閣1.jpg 

鱗閣の近くに荒城の月の碑があります。「荒城の月」は鶴が城と青葉城をモティーフとして作詞されたことは土井晩翠が明らかにしていることで、この石碑は荒城の月の1番から4番まで晩翠直筆による詞が刻まれているとありました。

 

053.JPG

背後には月見櫓跡など。

054.JPG

お城をでてから昼食は、手打十割そばの香寿庵へ。地元ナンバーの車が多く大変混んでいました。酒蔵宮泉の向かいです。それぞれが好きなものを注文、私は高遠そばおいしかったです。

近くの(株)会津葵で和菓子を購入。次に向かったのは会津松平氏の庭園、御薬園です。

 

 


福島県 ブログトップ