So-net無料ブログ作成
栃木県 ブログトップ

日光 男体山 [栃木県]

 2015年の日光は徳川家康の没後400年で大変賑わいました。


 そして今年2016年は日光開山1250年にあたるということです。

   ( ↓ 今日の男体山・・夕方  )

 日光は江戸時代に東照大権現を祀って聖地とされてきましたが、実はそれより遥か昔の平安の頃  から東の聖地であったわけです。


 山岳信仰の対象である日光男体山に初めて登頂したのは、下野国(現・栃木県)に生まれた勝道上人で、山頂を目指し挑戦すること15年にして目的を達成したという。
 勝道上人の男体山登頂を題材にした立松和平の小説「日光」がありますが、面白かったです。


 また、日光山内手前の大谷川に架かる神橋には、深沙大王が二匹の蛇を放って橋となしたという伝説があります。それで勝道上人が川を渡ることができたとか。

 明日はその日光に初詣に行く予定です。


nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

名誉県民顕彰 [栃木県]

今日6月15日県民の日に二人の名誉県民の顕彰がありました。宇都宮市出身でジャズサックス奏者の渡辺貞夫さんと塩谷町出身で作曲家の船村徹さん。

↑ (今日の下野新聞)
先日地域のコミュニティセンターで「船村徹の世界-演歌巡礼-歌は心で歌うもの」と題したセミナーを受講してきたところでした。
茨城県出身の高野公男と出会い「別れの一本杉」でデビューしてからこれまで作曲数は5000曲以上。
高野の23回忌の頃から演歌巡礼と名付けた地方への旅を初める。
刑務所受刑者の前で自ら歌った「希望(のぞみ)」にすすり泣き…等。
数々のヒット曲のうちからいくつか聴いて船村徹の昭和歌謡を楽しみました。

まさに郷土の誇りと改めて感じた日で
した。




nice!(39)  コメント(7) 

フキノトウ [栃木県]

地元の「下野新聞」の文字が大きく読みやすくなったことを喜んでいる今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。 

昨日は実家でフキノトウを採ってきました。

DSC_0279ふきのとう4.JPG

20140304_133619.jpg

春の香りがいっぱい。天ぷらにしていただきました。

IMG_2281.JPG

福寿草もまだ咲いていました。

IMG_20140304_133755.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

栃木県広報誌より転写しました。↓ 栃木県民の歌、爽やかないい曲です。どこかで出会ったら歌ってみて下さい。

県民の歌.jpg


nice!(33)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

誕生140年 [栃木県]

明治6年6月15日に 当時の栃木県と宇都宮県が合併して ほぼ現在と同じ栃木県ができ、今年で140年です。  県民の日の6月15日に誕生140年記念のイベントが開催されました。

014.JPG

雨の予報でしたが良いお天気になりました。

012.JPG

歩いて行ったので座って休みたく総合文化センターメインホールへ行くとオープニングセレモニーはすでに終了、県警音楽隊による演奏会(復興支援コンサート)の最中でした。栃木県・茨城県・福島県の各県警音楽隊による共同演奏会。3県合同の花は咲くの演奏の時は思わず目頭が熱くなりました。

016.JPG

県警マスコットも登場。左から茨城のひばりちゃん、中が栃木のルリちゃん、右が福島のふくぼうしさん。ふくぼうしは福島の福と幸福の福、会津地方の民芸品起き上がりこぼしから何度でも起き上がると事件の防止をかけてつけた名だそうです。栃木のルリちゃんは県鳥のオオルリから。

015.JPG

栃木県警音楽隊の若手10人によるエグザイル。

017.JPG

この後のスペシャルライブまで1時間あるので県庁の方に移動して一巡りしてきました。県庁本館前の県民広場。特設ステージが設けられ各種交流、展示、グルメ等楽しむ人がいっぱい。

018.JPG

県庁本館1階ロビー

019.JPG

昭和館(先代の県庁本館の正面部分を保存した)。門標も昔のままで。

023.JPG

総文センター前の噴水のところで休憩。

022.JPG

目的であったダイヤモンドユカイさんのスペシャルライブを楽しんできました。ユカイさんは一言でいえば親しみやすいロックンローラー、大変スマートな人です。時々TVで拝見してファンになってしまった。栃木未来大使、佐野ブランド大使(栃木県佐野市在住)に任命されています。

男が歌って男が泣ける歌といって「涙を拭いて」等。やさしくて艶のある素敵な歌声でした。イクメンでもあるユカイさんは、昔ディズニーのトイストーリーのテーマ・君は友達を歌ったということで、今お子さんが歌っているのを聞いてうれしかった、歌っておいて良かったと・・。NHKのラジオ第一のいっぴんに出演しているそうです(毎水曜8:00~12:00)。

025.JPG

栃木県誕生140年 おめでとう栃木 !

027.JPG

そして これからもよろしく。

 

 


nice!(32)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

試合に勝つと県民の歌をうたうならわし [栃木県]

サッカーのワールドカップ予選では俄かサッカーファンになってTV観戦してました。日本の予選通過よかったですね。

さて、栃木県のサッカーチーム栃木FCが試合に勝つと選手、サポーターが一緒に「県民の歌」をうたうならわし(?)になっています。

スナップショット 2 (2013-06-08 22-54)県民.jpg

「県民の歌」 

  栃の葉の 風さわやかに 晴れわたる 町よいらかよ

  男体は希望に開けて 日の光 よもにみなぎる

  栃木県 われらの われらのふるさと

スナップショット 4 (2013-06-08 22-58).png

J1昇格を目指して栃木FCも頑張っています。栃木県民の歌の合唱が聞こえたらうるさい等言わずに栃木FCが勝ったのねと笑ってゆるしてやって下さい。


nice!(29)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

とちぎのシンボル [栃木県]

これはベニバナトチノキです。

014.JPG

015.JPG

先日“くまら”さんのブログにオオルリは栃木県の鳥とコメントしましたら驚かれましたので、そうだ!栃木県のシンボルを紹介しちゃおうと思いました。栃木県民手帳からコピーしました。

img001シンボル2.jpg

県木「トチノキ」もう散りはじめていますが宇都宮市内大通りの並木等に植えられています。

県花「やしおつつじ」まだ緑の少ない時期の山に淡いピンクの花がさいているのは綺麗ですよ。白色はゴヨウツツジといって愛子様のおしるしになっています。

県鳥「オオルリ」県警のマスコットは「ルリちゃん」。

県獣「カモシカ」昔、足尾で岩山の上にいたのを見たことがあるだけ。

img001シンボル2-1.jpg

トチノキ

007.JPG

おしまいに「とちまるくん」。あちこちのイベントに出かけていくようです。確かとちまるくん体操なんていうのもあって子供達に人気です。私もファン。

img001.jpg

・・・・ 皆さん とちぎをよろしくね  ・・・・


nice!(29)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

那須岳 [栃木県]

那須にドライブ。大丸温泉駐車場でこんな雲を見ました。(5月8日)

013.JPG

朝6時半頃宇都宮で。

001.JPG

今日が那須岳の開山祭だったと夕方のニュースで知りました。

019.JPG

 

 

 


nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

もてぎ里山ウオーク大会に参加 [栃木県]

茂木町(もてぎまち)は栃木県南東部に位置する人口1万5千人ほどの自然豊かな地域です。町内にはツインリンクもてぎやSLも走る真岡鉄道、道の駅、那珂川の観光やな等見どころが多いですが、晴天の日曜日のどかな田園風景をみながら里山ウォーキングを楽しんできました。

“とちまるくん” に送られて8時半スタート

002.JPG

茂木町を流れる逆川・さかがわ(周辺の川は東か南に流れるのにこの川は北に流れることから逆川)は昔から水害が多く特に昭和61年8月の災害は一夜のうちに市街地1,000戸が浸水し栃木県で初めて災害救助法が適用された。この時の水位を示す碑がありました。

004.JPG

ここを過ぎると長閑な里の風景が続きます。これはブスノキというのだとか。

005.JPG

011.JPG

マムシグサの赤い実

015.JPG

気温が上がって畑に薄い靄が広がって幻想的

016.JPG

017.JPG

020.JPG

なだらかであるけれど長ーい坂道を上る途中みた空の青がまぶしかった。

022.JPG

茂木町の花はききょうです。 

023.JPG

あざみ 好きな花の一つ。

025.JPG

サラシナショウマ

026.JPG

名前はわからない  直径5㎜位の実です。

032.JPG

034.JPG

昼食をとった近くに咲いていたコスモス

037.JPG

道端の林にあった  サンショウの実   

040.JPG

整備された逆川沿いの道を通って街中へと戻ってきました。  これは藤縄橋 藤のデザイン。 

047.JPG

市街地の逆川は親水空間としてイベントにも活用されているようです。

049.JPG 

町の木は欅です。

052.JPG

 

051.JPG

054.JPG

10㎞完歩

081.JPG

この後、深沢という所にある法憧寺に寄りました。江戸の三大仇討の一つ、浄瑠璃坂の仇討に所縁のお寺です。それは次回に紹介します。


nice!(25)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

一番美しいスタンプ [栃木県]

ただ今関東「道の駅」スタンプラリー挑戦中

004.JPG

昨年は10か所コースに応募してもらった記念品がこれでした。

006.JPG

今年はもう、スタンプラリーはやらないと思っていましたが、知合いが今年もやるでしょうとスタンプブックを買ってきてしまいました。せっかくなので出かけるときはいつも持って出ます。

私が関東「道の駅」のスタンプで一番美しい と思うのはこちらのスタンプです。

 005.JPG

道の駅ばとう ; 周辺には那珂川町馬頭広重美術館、いわむらかずお絵本の丘美術館、もうひとつの美術館、小砂焼の窯元、日帰り入浴施設等もあります。

 

 


nice!(25)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

烏山 山あげ祭 [栃木県]

7月29日(日)那須烏山市で開催の「山あげ祭」に行ってきました。

山あげ祭りは450年余りの伝統をもつ、豪快な野外劇で国の重要無形民俗文化財に指定されています。「山」は網代状に竹を組んだ木枠に烏山特産の烏山和紙を幾重にも貼りその上に山水を描いた「はりか山」のことをいいますが、その山を人力で揚げることから「山あげ祭」といわれています。

064.JPG

町内の八雲神社の祭礼の奉納余興として行われたのがはじまりで、常磐津所作(踊り)の絢爛豪華な野外歌舞伎です。毎年7月の第4土曜日を含む金、土、日の3日間行われています。

山あげ祭は6町内の輪番により行われ、今年の当番は泉町。山は毎年新しく作り替えられ、当番に当たった町内は春頃から山の製作に当たっているそうです。舞踊や常磐津は1年を通して稽古を積んでいます。

075.JPG 

山あげは町内の道路や広場で行われ、開演時刻の約40分前には予定の場所に当番町の屋台が到着し舞台を設置、山の土台の設置、山の骨組やはりか山の取り付け等を行っています。

予約してあった食事所で昼食をすまし、午後の開演場所に行ってみるとそれらの作業がすでにはじまっていました。

043.JPG 

039.JPG

049.JPG

山は観客の前に据えられた舞台から道路上約100mの間に当番町若衆により座敷、松波、館、大滝、前山、一番後ろの大山というように配置されます。一番後ろの大山がセリ上がった高さは10mにもまるそうで、はりか山を切り返すことで舞台の背景が鮮やかに変化します。

048.JPG

演目は「将門」。所要時間は約50分で常磐津の三味線と唄にのって、町の踊子が鍛錬された美しい踊りを披露します。

056.JPG

057.JPG

058.JPG

060.JPG

舞台の背景の切り返し等は木頭の笛と拍子木の合図で一瞬のうちに行われます。人力で。

062.JPG

065.JPG

068.JPG

072.JPG

078.JPG

080.JPG

奉納が終わるとすぐに山は片づけられて次の予定場所へと運ばれて行きます。

083.JPG

084.JPG

この後ブンヌキという各町内の屋台が集合し、お囃子の打合いをするまで時間があるので、烏山和紙会館へ行ってみることにしました。烏山和紙の製品やクラフト類が展示販売されています。

093.JPG

和紙会館のすぐ前にある市民カフェで休憩してきました。

092.JPG

この市民カフェは町おこしの一環としてボランティアにより運営されているそうで火曜、水曜、木曜だけオープンしています。この日は山あげ祭のため木曜の当番という3人の方が出勤されていました。

087 (2).jpg

建物内はとても落ち着いた雰囲気で気持がよいです。もともと喫茶店であったところだそうです。地元の人の紹介があったお店のうちの1軒ですがおいしいコーヒーがいただけました。

091.JPG

こんなきれいな器でサービスしてくれます。これは私が頂いたコーヒーカップ。

089.JPG

コーヒー好きの方にはお薦めです。ただし曜日にご注意です。

休憩して次は八雲神社に行ってみました。今から約450年前の永禄3年(1560)烏山城主の那須資胤が当地方の疫病防除、五穀豊穣、天下太平を祈願し牛頭天王をおまつりしました。

114.JPG

石段を上がっていくと

118.JPG

116.JPG

117.JPG 

各町内の屋台が移動しはじめました。

105.JPG

107.JPG

29日は猛暑日。お囃子連に交代で風を送っている。

112.JPG

辻に屋台が集合

121.JPG

この後、夜の部の山あげやブンヌキ、八雲神神輿渡御等があるのですがそれはみないで帰ってきました。駅まで戻る途中の酒蔵東力士で吟醸アイスクリームを買いました。材料はコシヒカリで吟醸酒(アルコールは抜き)を加えたソフトクリームでことの他おいしかったです。

今回はJR東日本の日帰り旅行企画を利用、宇都宮から烏山まで約50分です。10時頃家を出て友人のNさんとゆっくり楽しんできました。

山あげ祭は見ごたえのある豪壮な野外歌舞伎です。毎年7月に3日間行われています。

 


nice!(35)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

祖母井神社 [栃木県]

芳賀町の祖母井(うばがい)神社は、道の駅はがのすぐ近くです。

097.JPG

昭和初期の時代劇作家・川口松太郎のゆかりの神社とありました。

 

069.JPG

祖母井神社は平安時代、久安元年(1145)創建と伝えられています。御祭神は彦火火出見命・木花開姫命・須佐之男命の三神です。

062.JPG

本殿は江戸時代の華麗な彫刻群を残していて、栃木県及び芳賀町の文化財に指定されています。

060.JPG

川口松太郎は若い頃友人の北村形吾を頼り芳賀町祖母井の郵便局に電信技師として働いていた時期がありました。北村家は代々祖母井神社の神官として仕え、形吾の兄が郵便局長をしていました。その滞在時に土地の古老達からきいた烏山城主にまつわる伝説が、後に映画化もされた小説「蛇姫様」を書く伏線になったのだそうです。

後に川口が形吾の墓参りに当地を再訪したときに読んだ俳句の碑が建っていました。「秋空の晴れしが涙さそいけり川口松太郎」とあります。

057.JPG

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は金星の日面通過を期待していたのですが当地は朝から曇り時々雨もようでダメでした。夕方に西の空をみると雲間からの光がきれいでした。

○005○.JPG

○002.JPG


nice!(31)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

那須平成の森 駒止の滝 [栃木県]

6月3日(日)那須平成の森の駒止の滝を見にいきました。那須湯本温泉街を過ぎて殺生石あたりからは車やバイクが多く途中の八幡のツツジの群せいも見事でした。

平成の森は歩くのが一番いいのですが、足が丈夫でない人のためには「ふれあいの森(一般開放ゾーン)の一番奥に位置する駒止の滝のすぐそばに駐車場が整備されているので、今日はそちらに真っすぐ向かいました。   

 ↓ 駐車場

009.JPG

平成の森に行くには那須甲子道路の方向に向かうのですが、駒止の滝の駐車場にいくには、途中で小さく北温泉の案内板があるのでそちらに向かいます。北温泉駐車場入口の看板が見えたら右折し、道なりに進むとアスファルトで整備された駐車場があります。そこから駒止の滝が見えます。

003.JPG

左前方の中央の山、この谷に浸み出した水が集まって滝になり、余笹川がここからはじまります。

006.JPG

展望台の付近には木製の椅子が設置され腰をかけてお弁当を楽しんでいるグループがたくさんいました。

011.JPG

自然のヤマツツジが見事に咲いています。

012.JPG

同じ場所でも蕾のツツジもあります。

017.JPG

遠くに見えるのは那須岳。雪が残っているところもあります。

019.JPG

025.JPG

026.JPG

029.JPG

白河方面はあちらかな・・

008.JPG

ビジターセンターへの道

021.JPG

この辺は平らですが途中急な坂が2か所ほどありますので足元には注意が必要です。

022.JPG

015.JPG

那須平成の森についてはこちらもどうぞhttp://tokutarou.blog.so-net.ne.jp/2011-07-12


nice!(22)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

日本の伝統 大畑家の武者絵をみてきました (市貝町) [栃木県]

芝ざくらを見たかえりに、大畑家の武者絵を見てきました。

086.JPG

武者絵のぼりは、5月5日の端午の節句に男の子の無事成長や立身出世を願って立てられた武者絵を描いたのぼりです。

088.JPG?

「大畑家は元禄年間より紺屋を創業、赤穂浪士の討ち入り装束や寛政力士の雷電浴衣なども染めあげたとの伝承もあるそうで、紺屋時代に副業として武者絵のぼりを製作していたが、明治22年より本格的に武者絵のぼりに打ち込む」と資料にあります。現在の当主は三代目大畑耕雲さん。

002.JPG?

300年前に建てられた民家を改築し、江戸時代から現代までの武者絵のぼりをはじめ武者絵皿、壺、屏風等が展示されている武者絵資料館を見てきました。

094.JPG

093.JPG

大畑武者絵資料館について、ブログ先輩の「旅爺さん」が以前に詳しく楽しく紹介されていますのでそちらをご覧いただくのがよろしいかと思います。

http://blog.so-net.ne.jp/tabijiisan/2007-04-07

資料館を拝見した後、お店の方でかわいい絵を買ってきました。「こども大将」を写した耕雲さんが描かれた絵です。5月中はこれを壁に飾って楽しもうと思います。

001.JPG

場所; 栃木県市貝町田野辺723  [電話]0285-68-0108

085.JPG


nice!(33)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

市貝の芝ざくら公園 [栃木県]

4月30日 市貝町の芝ざくら公園に行きました。

公園面積は80,000㎡、芝ざくら植栽面積24,000㎡で、農業用水の貯水池・「芳那の水晶湖」を造成して出た土を利用して整備された公園です。色とりどりのシバザクラが満開できれいでした。

展望台からみたところ

071.JPG

白い模様はサシバをあらわしています。

073.JPG076.JPG

町の観光ガイドにもサシバの里として紹介している。

img001.jpg?

展望台から見た芳那の水晶湖。本来は農業用水の貯水池ですが、最近になっていろいろな種類の冬鳥が休息地として訪れるようになったとのこと。

072.JPG

奥の方に見えるのが展望台。広場では農産物やシバザクラの苗、軽食を売るお店等いろいろ出店されています。

083.JPG

ガンバレ日本ガンバレ市貝の横断幕もみえました。震災の影響はまだ町のあちこちに残っています。

070.JPG

074.JPG

078.JPG

場所;栃木県市貝町見上

駐車場は広い。5月上旬までの芝桜まつり期間中のみ駐車料500円シャトルバスがでています。   問い合わせは市貝町農林商工課[電話]0285-68-1118?

 


nice!(26)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行
栃木県 ブログトップ