So-net無料ブログ作成

新しい野菜ジュースです 「やーこんジュース」 [グルメ]

友人がめずらしい飲み物をもってきてくれました。ヤーコンから作った生ジュースです。

001.JPG

ヤーコンとは野菜の一種で元々はアンデス地方の原産のキク科の根菜です。サツマイモに似た形をしています。繊維質が豊富で低カロリーということから健康野菜の一つとして最近農産物の直売所でもよく見かけるようになりました。

私は、ちょうどレンコンのような感じで、炒め物や煮物にしてたべています。食べると甘くシャキシャキした感じ、果物ならば梨の果実に似た食感です。

まさか生で食するとは思いませんでした。りんごか梨などの果物とブレンドしているのかと思いましたが100%ヤーコンだとのことです。半信半疑で飲んでみたらおいしい。

004.JPG

ヤーコン独特のにおいがすこーししますが私はそれほど気にはなりませんでした。

007.JPG

ヤーコンはフラクオリゴ糖を豊富に含んでいることから整腸作用を持つ健康食品として注目されているのだそうです。 便秘、肥満対策などによさそうなので興味がある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

宇都宮市の農林公園ろまんちっく村で販売されているそうです。

 

img002.jpg

販売者 ; 宇都宮市新里町丙197半ちゃん農場半田正己 [電話]028-665-1725


nice!(32)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

夏みかん菓子をつくりました [グルメ]

実家の庭の夏みかんの木です。 10月末にはまだ青かった夏みかんですが

044夏ミカン.JPG 

11月中旬には黄色くなって、先月末に収穫したのをもらってきました。寒さで少し痛んだものもあるし皮に青みの残っているのは少し苦いです。

001.JPG

生で食べるだけでなく、他の利用方法が何かないかとネットで検索していたら「夏みかん菓子」の作り方:ぼくあずさは地球人:So-Netブログに出会いました。

早速そのとおり作ってみました。みかんのにおいがほんのりとしてきれいな色の上品なお菓子ができました。

みかんの皮をそいで小さく切ったところ

003.JPG 

火を通してから、一晩水につけておくと苦味がだいぶ抜けました。

001煮る1.JPG

砂糖を加えて煮て、できあがりです。

004完成1.JPG

みかんの香りと味が口いっぱいに広がってやさしいおいしさです。

006完成3.JPG

詳しい作り方は、ぼくあずささんのページをご覧ください。

ぼくあずささん、いい情報をありがとうございました。

 

 

 


nice!(34)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

おそばでアフタヌーンランチ [グルメ]

宇都宮市平出工業団地内に「無限花序」というお蕎麦、うどんのお店があります。

048.JPG

開店は11時からですが、ランチは午後1時からのアフタヌーンランチです。外観はことさらかわった建物ではないですが、中に入ると天井に太い梁を渡した和風の落ち着いた雰囲気のお店です。

店内のコーナーにかわいい小物がさりげなく置かれています。

テーブルの上の醤油さしもこんな風。

042.JPG

「そばの花御膳」というのを注文しました。

043.JPG

もりそば、ミニ湯葉あんかけご飯、野菜のてんぷら、小鉢、食後にコーヒーとデザートがでます。これで1000円です(1日限定20食)。 デザートはアイスクリーム、上に新生姜のジャムがかかっています。生姜の味と香りがきいていてとってもおいしい。

046.JPG

場所 ; 宇都宮市平出工業団地内 ろうきん、日本信号の近くです。平日のみ営業(土日祝日は休)

 

栃木県市貝町の農場で採れるものを使っているそうです。おいしいし、お店の感じが良いので年配の方にもお薦めです。


nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

いちごのカレー [グルメ]

とちおとめ。   おいしいイチゴです。

イチゴ.JPG

完熟イチゴを生食するのは最高においしいですが、先日「いちご生産量日本一 真岡産のとちおとめ使用」と書かれた「いちごのカレー」を買ってきました。 

箱1.JPG

レトルトパウチ食品です。熱湯で3~5分沸騰させます。袋をハサミで開けるとカレーのいい匂いがします。味はほんのりまろやかな酸味があります。 きっといちごの酸味です。じゃがいも、たまねぎ、ニンジン、牛肉等が小さくサイコロにきってあるので、子供にも食べやすい。中辛ていど。 おいしいです。

カレー.JPG

カレーとイチゴ.JPG

イチゴとカレーの組合せはどんな感じかなと思っていたのですが、なかなかおいしいカレーになっていました。 かわいい箱に入ったレトルトカレー「いちごのカレー」はおいしいし、楽しいです。

箱2.JPG 

 


nice!(23)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

宇都宮  肉の半田 [グルメ]

JR宇都宮駅から東進する鬼怒通り沿いに(駅から1㎞くらい)、「肉の半田」という肉屋さんがあります。

地域密着のお店の中で、手作りした、あつあつの揚げたて、作りたてのお惣菜も売っています。

特にこちらのメンチはお薦めです。ちょうど買物にいったとき、お母さんが酢豚用の唐揚げを揚げているところでした。昔ながらの誰でも作れる酢豚ですよと言いながら、唐揚げもお薦めとのことです。

半田1.jpg

店内

半田2.jpg

今日は、メンチを買ってきました。

半田5.jpg

ジューシーでおいしいです。

半田4.jpg

大根の酢漬けをサービスしてくれました。

 半田9.jpg

「肉の半田」  宇都宮市陽東3-18-12   ☎028-663-3201

営業時間は 8時30分~午後7時 ですが、 品物が揃うのは10時頃からです。午後3時頃から温かいお惣菜を作りはじめるということですので、夕方のおかずに丁度間に合います。  (日曜日は定休)

 

 

  

 


nice!(17)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

日光  小百田舎そば [グルメ]

日光市(旧今市市)に「小百そば」というおいしいお蕎麦があります。

6.jpg

地元農家の人達が運営しているお蕎麦屋さんです。

7.jpg

噛めばかむほど蕎麦の味がおいしい田舎そばです。大きなかきあげも名物です。

8.jpg

昆布とたくあんの漬物を出してくれます。

生そばの持ち帰りもできます。ゆで上げる時は氷でいっぱいの流水にとります。

9.jpg

11.jpg

営業時間は11時~午後3時まで。 日光市小百167 ☎0288-21-7232 月曜は定休。

「小百田舎そば」にいくには、次の看板を目印に。瀬尾方面から大笹牧場方面に向かう道と日光市内からの道の交差点、信号機のところ。小百川の橋のたもとです。

4.jpg

入口。田んぼへ続く道で、ここから300m位先の左側。向こうに見えるのは小百小学校。

5.jpg

近くには、二宮尊徳翁所縁の「二宮堀」があります。     ※二宮尊徳は、今市で最晩年をすごしました。荒れ果てていた日光神領の開墾に尽力、その一つが二宮堀です。市内に何か所かあります。

12.jpg

小百川、澄んだきれいな川です。

13.jpg

川の土手にこんな碑(小百川砂防工事竣工記念碑)が建っていました。「山河微笑」いい言葉だと思いました。

14.jpg

 

今日は、縁故ある施設建物が用途廃止に伴っていよいよ取り壊しとなるということで、所縁の有志が集いお別れ会がありました。解散後、小百そばに立ち寄りお蕎麦をいただいてきたというわけです。かねてから、栃木で一番おいしいのひとつと思っていた「小百そば」です。

1.jpg

なつかしい思い出がいっぱいの施設。   来週からとりこわしです。

 

 


nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

関東れもん牛乳 [グルメ]

宇都宮駅の改札口を出るとすぐに、黄色い「関東・栃木レモン」と書かれたものが目に付きます。駅ばかりでなく高速道路(東北道)の各サービスエリアにも同じようなパッケージが並んでいます。

那須2.jpg

もともと宇都宮市内「関東牛乳」という会社でつくっていたれもん味の牛乳がありました。戦後開発された商品で、小学校の運動会でよく飲んだりした、とてもなつかしい味です。

その関東れもん牛乳を作っていた工場が後継者不足で2004年廃業することになったとき、このなつかしいれもん味を継承してくれる会社が現れました。それが、栃木乳業株式会社です。

れもん牛乳の製法は、関東牛乳の工場長のみが知る職人技であったことから、全く同じ味ができるかどうかはわからないが、無償でれもん牛乳を継承することになった栃木乳業(株)は「関東牛乳」に敬意を表して「関東・栃木」と名づけて、レモン牛乳(正式には乳飲料)を売り出しました。 それが下のびん入りの「関東・栃木レモン牛乳」です。 「栃木」の字が「関東」より小さいゆえんです。

味は同じです。なつかしいほの甘いれもんの味とかおりがします。このびんは少し角がありますが、昔の瓶は角がなく丸かった。 紙パック入りのレモン牛乳もありますが、牛乳はびんで飲むのがいい。

牛乳.jpg

栃木県出身のお笑いコンビ「U字工事」さんの紹介もあり、関東レモンがブームとなって、アイスクリームやキャラメル、お菓子やヨーグルト、それに豆腐まで出来てしまいました。

ヨーグルト.jpg

食品だけでなく、キーホルダーやボールペンまで作られています。

那須1.jpg

いろいろ試してみました。 レモン牛乳は別として、一番お薦めしたいのは、滝沢ハムの「レモン風味ウィンナー」です。

滝沢ハムの「レモン風味ウインナー」はほんのり甘いレモン風味の皮なしウインナーです。封をきると、レモンの香りがします。フライパンに薄くオリーブオイルをひき、中火でころがしながら2~3分焼くだけです。朝のおかずやお弁当の一品にとてもおいしいです。

宇都宮に行ったら、ぜひこれもお土産の一つにどうぞ。

れもn.jpg

   製造者 : 滝沢ハム株式会社 泉川工場  栃木県栃木市泉川町556

 


nice!(23)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

ゆず ジャムを作りました [グルメ]

ゆずをいただいたので、ジャムを作ってみました。

1.jpg 

ゆず大小あわせて500gを使います。  

① きれいにあらって水気をとり、皮をうすくむきます。千切りにしました。

9.jpg 

3.jpg

② れもん絞り器を使って、実の部分を取り出します。  種は、だしパックに入れます。

③ 皮はそのままだと苦いので、湯がきます。水気をとって湯がくこと5回繰り返しました。

④ ②の実と、種(出しパック)と ③の皮を鍋にいれて、ひたひたの水を加え弱火で煮ていきます。

4.jpg

⑤ 途中アクをとり、皮が柔らかくなったら、砂糖を加えます(2~3回に分ける)。 (皮が柔らかくな  りすぎない方がおいしい。)

⑥とろっとしてきたら火を止めます。

実の部分 150g、 皮 50g  グラニュー糖 100g    出来上がりは約300gです。

10.jpg

出来上がりは苦味はほど良い。皮は半分残しておいたが全部いれた方がジャムとしては良かった。

熱いお湯をついで飲むとおいしいです。しょうがをいれても良いかもしれません。

 

 

 

 


nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

日本製 ギンナン割り器の紹介です [グルメ]

今年もたくさん銀杏の収穫がありました。銀杏はよく乾燥させて、ペットボトルに入れて保存します。

ぎんなん1.jpg

銀杏の殻をじょうずに早くむく方法ですが、小封筒に10粒位ずつ入れてレンジにかけます(2~3個ポンポンとはじけるくらい)。袋の中によごれがつきますがきれいな緑色になります。

1.jpg

それでも、何も使わずに殻を割るのはけっこうたいへんです。

今年は優れものの 「ギンナン割り器」 を購入しておいたのでこれを使ってみました。

2010_1121_080805-IMG_2112.JPG

刃の先は実を挟めるようにくぼんでいるので、簡単に殻を割ることが出来ます。実の大小で使いわけます。これを使って殻を割ってからレンジにかけ、熱いうちにむくと、薄皮まできれいにとれました。

4.jpg

強調したいのは、「日本製」ということです。  「意匠登録出願済」と書いてあります。

5.jpg

製作は、 新潟県三条市新光町18-7  「株式会社 古沢製作所」 です。 

これは良品と思うので紹介します。

 

 

 

 

 


nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

おめで鯛焼き本舗のお好み焼き [グルメ]

宇都宮市内東部にベル・モールという大型店舗があります。ここのテナントの一つ「おめで鯛焼き本舗」の鯛焼きはかわっていて、しかもおいしい。

たいやき2.jpg

鯛焼きのおなかは「あんこ」だとばかり思っていましたが、こちらの鯛焼きは「餡こ」ではなくお好み焼きです。

たいやき3.jpg

形も大きさも普通の鯛焼きです。切ってみると野菜たっぷり、ソースの味もいいしおいしいです。

 たいやき5.jpg

もちろん、餡こ入りの鯛焼きもありますし、カスタードクリーム入りの鯛焼きもあります。

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

京都展  笹屋伊織のどら焼き [グルメ]

市内のデパートで「京洛老舗の会」が開催されていました。

15.jpg

 

めずらしい和菓子がありました。 京都「笹屋伊織」の「どらやき」です。

14.jpg

1.jpg2.jpg3.jpg

5.jpg   11.jpg

江戸時代末期、5代目当主笹屋伊兵衛が京都・東寺からお坊さんの副食となる菓子の製作を依頼され、お寺でも作ることができるようにと鉄板の代わりに銅鑼をつかうことを考えついたのが笹屋伊織の「どら焼き」の始まりだそうです。 

一般的などら焼きは、形が銅鑼に似ていることからそう呼ばれるようになったとのことですが、笹屋伊織のどら焼きは、熱した銅鑼の上で秘伝の皮を焼いたことから、どら焼きと名付けられたそうです。

13.jpg

 

熱した銅鑼の上で焼いた薄皮に棒状に形作ったこしあんをのせ、くるくると巻き込んだものを竹の皮でつつんだもので、当初は東寺参拝のお土産として、月に一日弘法大師のご命日の21日だけ販売したそうです。

現在は、毎月20、21、22日の3日間販売するそうです。    竹の皮に包まれています。

8.jpg

よく知っている「どら焼き」とは、形も食感も全く違います。皮はもちもちっとして、「ゆべし」に近い食感です。レンジであたためてもおいしい。 

ほど良い甘さのこし餡で、抹茶によくあう和菓子です。

10.jpg

毎月21日に開催される東寺の弘法市を思い出しながらいただきました。


nice!(27)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

宇都宮ネギニラ餃子 [グルメ]

新しい緑黄色野菜、宇都宮特産のネギニラを使用した “宇都宮ネギニラ餃子” を紹介します。

チルド餃子1.jpg 

ネギニラは、「ねぎ」と「にら」を交配させて生まれた新しい緑黄色野菜で、ねぎ、にらに比べ、糖分・鉄分・カロテン等を多く含む栄養価の高い野菜です。 

チルド餃子3.jpg

ネギニラを使用したチルド餃子は、フライパンで簡単に調理出来ます。シャキシャキのネギニラがたっぷり入っていて豚肉のジューシーさとあいまってとてもおいしいです。ごまダレと普通の醤油ベースのタレと2種類のタレがついているので、これをつけていただきます。

チルド餃子7.jpg 

 

肉餃子のチルドもありますが、ネギニラ餃子の方は、ヘルシー感があって良いです。

チルド餃子4.jpg

チルド餃子5.jpg

時間がないとき、おかずにもう一品ほしいときチルドは便利ですね。

 


nice!(17)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

牧家の白いプリン [グルメ]

北海道物産展で、おもしろいものを見つけました。  

伊達市の「牧家」の白いプリンです。まん丸でかわいい。

ぼっか1.jpgぼっか2.jpg

プラスチック容器に4個セット。赤のラベルにいろんなもようの牛の絵。 

ゴムに包まれていて、お皿の上にプリンを置いて手で押さえ楊枝の先でつつくとプチンと穴があきます。

破れた袋とピンクの留め具を取りのぞいて食べます。

ぼっか6.jpg

ミルクの濃厚な味がします。そのままでも、付属のカラメルソースをかけても、どちらもおいしかったです。

ぼっか4.jpg

 

 

 

 


nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

焼きリンゴ [グルメ]

焼きリンゴをつくりました。

りんご(紅玉)4個は、底に穴をあけないように注意して芯を取り除き

(4個分の材料) 砂糖60g、バター40gを交互に詰めて、最後にシナモンパウダーを振りかけます。

1やきりんご.jpg

耐熱皿にのせ、角皿においてオーブン180度で約1時間焼くと、トロっと柔らかい焼きリンゴが出来上がります。 甘くて香ばしいにおいがします。

2やきりんご.jpg

おやつには、焼き立ての熱いうちにいただきます。

3やきりんご.jpg

りんごは他のものでもよいですが、紅玉と比べると大味になるような気がします。

少しすっぱ味のある紅玉でつくるのが一番おいしいです。

 

 


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

宇都宮 “ あおやぎ”のやきそば [グルメ]

先に 「宇都宮 やきそばなら鈴やさん」 と紹介しましたが、今日はもう一軒、JR宇都宮駅近くのやきそばやさんを紹介します。

味の方は鈴やさんと同じ位においしい。おそばは少しもちもちしてるかな。                  こちらの特徴は、テーブルがない所でも食べやすいように包んでくれること、お出かけのとき便利。 食べ終わったら小さく包んで捨てられます。 あおやぎやきそばは「U字工事」も紹介していました。

4.jpg 

一人前ずつ三角袋に入れてくれます。大塚ソースの小瓶をつけて。

1.jpg2010_1023_125402-IMG_1600.JPG

材料も地元産を使用しているのがGOOD!  

3.jpg 

 

 メニューは次のとおりです。

アオヤギメニュー.jpg

場所はこちら。JR宇都宮駅から徒歩7~8分               

    

   

 

            


nice!(15)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

とちおとめサンドと栃木の集クリーム [グルメ]

高校生達がいろいろな場で活躍しています。 

先ごろ、第3回全国高校生スイーツ甲子園が開かれ、全国843チームが参加、名古屋の調理師専門学校のチームが優勝したとのニュースがありました。

スイーツについては、宇都宮でもニュースがあります。

宇都宮市内の男子高校生がコンビニチェーンのファミリーマートと二つのスイーツを開発し、10月15日から関東、東海のチェーン店で発売されました。

「栃木県の食材を使って高校生が本当に食べたいスイーツを」のコンセプトで提案、6月に開発に着手したそうです。

生産量全国1位のいちご・とちおとめや、「那須山麓牛乳」〈栃木県は牛乳の生産量は全国2位、ちなみに1位は北海道)を使ったクリームをふんだんに使用して作ったものです。

 ○  とちおとめサンド

8.jpg

左上に「宇都宮短期大学付属高等学校調理科共同開発」とあり、下方に「栃木県産とちおとめ使用」とあります。

とちおとめは、生で食べるととても甘いですが、サンドされているいちごジャムは少々酸っぱい味がして、程良い甘さのホイップクリームとよくあっています。カリカリとイチゴ風味のチョコチップを楽しめるのもよいです。

「甘すぎず、酢っぱすぎない微妙なバランスにもこだわった」というのは本当です。

1.jpg5.jpg

○ 栃木の集クリーム

7.jpg

シュークリームですが、イチゴ風味のチョコがけ、とちおとめのホイップクリームととちおとめカスタードクリームとたっぷりイチゴを使っています。 

仲間の意見もたくさん集めたので『集クリーム』と名付けたそうです。甘すぎず、変わった味のシュークリームです。

3.jpg6.jpg 

読みにくいですが、とちおとめサンドは1個305kcal、栃木の集クリームは1個227kcal。

9.jpg

10.jpg

 

おしまいに、栃木県の地図の形に「いいものいいこと つぎつぎ“とちぎ”」のロゴ。 栃木県の活力アップを期待して県が選んだキャッチフレーズです。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

宇都宮 パン屋さん [グルメ]

今朝も散歩がてら、銀杏を拾ってきました。昨夜は風が強かったので、足の踏み場もないくらいにたくさん落ちていました。

散歩帰りに寄ったのはパン屋さん。石窯パン工房、パン デ パルク。

パン工房2.jpg

ちょうどオープンの時刻でほかほかの焼き立てパンが次々に並べられているところでした。

パン.jpg

これは地中海のめぐみと名のついているピザパン、手頃な大きさで味も良い。いつも買ってくる。

パン2.jpgパン3.jpg

JR宇都宮駅から車で4-5分というところです。

パン4.JPG

お店の中には、小さいお子さんが遊べるキッズコーナーがあり、お母さん達はその傍らで食事することができます。 店外にもテーブルと椅子が置かれ、お昼時にはいつも満席状態、ここで食事をする人はコーヒーが無料サービス、もうれしいです。

近くに図書館や公園があります。       夕暮れ時のお店。

パン工房1.jpg

午後、新米を頂けるというので実家へ。こんな花が咲いていました。

マユハキオモト?

まゆはきそう2.jpg

イワシャジン

イワシャジン.jpg

イワシャジン

イワシャジン白.jpg

これは  ?

花2.jpg

明日は、街中探検に出かけます。

 

 

 


nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

宇都宮  焼きそばなら「鈴や」さん [グルメ]

JR宇都宮駅東口から徒歩3分のところに、やきそばの 「鈴や」 さんがあります。

鈴や1.jpg

主なメニューは、やきそば、ラーメン、餃子など。

鈴や3.jpg

鈴や4.jpg

時間がないけど、何か食べたいというときによく行きます。今日食べたのは、半ラーメンと餃子。 餃子おいしいです。  やきそばは持ち帰りをよくします。

鈴や2.jpg

男子バスケリーグ日本一のリンク栃木ブレックスの選手の皆さんと会うこともあります。

身長2m近い人が4~5人も入ってくると狭くなってしまうほどの広さのお店ですが、味はお薦め、とてもおいしいです。

やきそばの鈴や    宇都宮市東宿郷2-2-7 電話028-637-2436

 


nice!(29)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

熊野みやげ もうで餅とじゃばら飴 [グルメ]

熊野三山めぐりのおみやげは「もうで餅」です。お餅で庵を包み、玄米粉を振りかけてあります。

1.jpg 

2.jpg

品のよい甘さで、ほんとうにおいしい餡です。もちに玄米粉、香ばしいにおいがします。

3.jpg

5.jpg

珍重庵 新宮本店 0735-22-3129  www.chinchoan.com/

 

本宮大社前の珍重庵で、昼食をとりました。麺類や甘味を食することができます。

もうで餅本店.jpg

お蕎麦は山芋が入っているということで、この色のとおり黒いです。もっちりした感じですが、甘く、お蕎麦の香りもしておいしかったです。めはり寿司とのセットでいただきました。めはり寿司は、かつおぶしで味がついたご飯、お勧めです。 お蕎麦700円、めはり寿司300円。

そば.jpg

珍重庵のすぐ前から、本宮大社の表参道に入れますが、下は、表参道のすぐ傍らをとおる古道です。熊野では現在も生活の一部です。

古道.jpg

本宮から南紀白浜へ向かう国道沿いの道の駅で休憩しました。

そこで買ったのが、じゃばら飴。三重県と奈良県に囲まれた和歌山県の飛び地、北山村というところにしか自生しないという「じゃばら」の飴です。

最近花粉症に良く聞くということで、人気だそうです。ゆずでもなくれもんのように酸っぱくもなく糖度と酸味のバランスのよいおいしい飴です。

18.jpg

白浜のホテルで買ったお土産は「熊野古道物語」。パッケージに惹かれて買いました。

11.jpg

ちょっぴり梅の味もする。紅茶にあいそうです。

14.jpg

 

 


nice!(18)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

宇都宮餃子・青源 [グルメ]

旅行先で、「どこから?」と問われて「宇都宮からです」と答えると、たいてい、「ああ、餃子の・・」と先ず言われます。 

私の中では、餃子といえば昔から「正嗣」か「みんみん」かのどちらか、数年前からこれに「青源」が加わりました。

正嗣の餃子は肉が多くジューシー、みんみんの餃子は野菜たっぷりでどちらかというとあっさりしています。

青源は、宇都宮市内の昔からの味噌屋さん(1625(寛永2)年創業)で、特徴は味噌を生かしたメニューを提供していることです。

JR宇都宮駅ビル内の青源です。

2.jpg

1.jpg

これは、ねぎ味噌餃子。ねぎがたっぷり、上に唐辛子がかかっています。白いご飯とがおいしい。

ネギ味噌.jpg

餃子のたれは、普通しょうゆベースですが、青源餃子は味噌だれがおもしろい。赤みそで少し塩辛いですが。青源特製焼き餃子。カリッと焼けていておいしいです。

焼き餃子.jpg

味噌たっぷりのおにぎりもあって、昔懐かしい味です。   水餃子も味噌ベース。

メニュー.jpg 

 

JR宇都宮駅ビルの1階、えきの市場では、新鮮な地元産の野菜・果物が並んでいます。3.jpg


nice!(27)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行