So-net無料ブログ作成
2018年03月| 2018年04月 |- ブログトップ
前の5件 | -

第48番西林寺(愛媛県) [四国遍路30年春]

四国霊場第47番札所 清滝山安養院西林寺です。

真言宗豊山派で御本尊は十一面観音菩薩です。


 

広々としたきれいな境内でした。



nice!(14) 
共通テーマ:旅行

第47番 八坂寺(愛媛県) [四国遍路30年春]

四国霊場第47番熊野山八坂寺の開基は役の行者とされ、1300年の古い歴史あるお寺です。 弘法大師がその100年

後荒廃していた寺を再興し霊場と定めました。


本堂  ↓

 

本堂に向かって左側に大師堂があります。本堂と大師堂の間に小さな閻魔堂があり、壁に地獄絵、極楽浄土の絵があって、地獄の道には尖った石が極楽の道は丸い石が敷き詰められています。

山門の天井には綺麗な絵がかかれていました。

nice!(19) 
共通テーマ:旅行

第46番 浄瑠璃寺(愛媛県) [四国遍路30年春]

四国八十八ヶ所巡礼二日目(平成30年4月16日)は、四国霊場第46番医王山浄瑠璃寺からです。

真言宗豊山派で、ご本尊は薬師如来。

この辺りは、遍路の元祖とされる衛門三郎のふるさととして知られ参道入口の石段左に正岡子規の「永き日や衛門三郎浄瑠璃寺」の句碑がありました。

前日宿泊した遍路宿・長珍屋とは道路を挟んで斜め向かいにあるお寺で、朝一番7時半頃に参拝した時、庭は帚の目もくっきりと掃き清められていて清々しい気分になりました。

 

境内には市の天然記念物に指定されているイブキビャクシンの大木があります。


大木の間を通り抜けて裏に回ると手入れされたボタン園が広がっていました。


ボタン園の一角に戦没者の供養塔が建っています。人々の思いが書きこまれたたくさんの皿が埋め込んであり、正面に御詠歌の譜も設置されていて、それを見ながら御詠歌の上手が歌ってくれるのをみんなで聞きました。


次は第47番八坂寺へ向かいます。



nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

第59番国分寺(愛媛県) [四国遍路30年春]

金光山国分寺のご本尊は薬師瑠璃光如来。 伊予の国分寺、本堂は1789の再建。 本堂 山門前階段に藤の花が綺麗でした。

nice!(14) 

第29番摩尼山国分寺(高知県) [四国遍路30年春]

四国霊場第29番摩尼山国分寺の御本尊は千手観音菩薩。 落ち着いた印象の境内で本堂は茅葺き。


庭園が美しく、牡丹がちょうど見頃でした。


 



nice!(12)  コメント(0) 
前の5件 | -
2018年03月|2018年04月 |- ブログトップ