So-net無料ブログ作成

西国札所33ヶ所 満願 [札所巡り]

2010.5.7にはじめての西国33ケ所札所巡りの旅から6年かかって結願を迎えました。

西国33ケ所巡り最後の御朱印は、第33番谷汲山華厳寺で頂くわけですが、華厳寺には御朱印が三つあります(御詠歌も三つあります)。

退職を機会に友人とはじめた西国札所巡りは途中からは巡礼会に参加しての旅となりました。観光を兼ねて公の交通機関を利用しての旅も、巡礼会での旅もそれぞれに思い出がいっぱいです。


とにかく満願を迎えてほっとしているところ。西国札所巡りをして本当に良かった!と思っています。


西国33ヵ所札所巡りの旅の記録としてはじめたこのブログですが、ブログの更新もなかなかに体力と時間がいるものと実感しました。

一応満願を迎えたので最初の目的は終了したことであるし、ブログの更新はしばらくお休みとしたいと考えています。拙いブログにご訪問下さった皆様ほんとうにありがとうございました。

巡礼会では来年から3年計画で四国遍路を予定ということなので今度はそれを目標に体力維持を図るべく頑張っています。 


nice!(52)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

西国札所巡り 第33番 谷汲山華厳寺 [札所巡り]

西国札所巡りの旅いよいよ最終日。

8時に湯の花温泉を出発、京都縦貫道を通って第17番六波羅密寺を参詣した後、今度は名神高速道路を利用、岐阜県の第33番谷汲山満願寺へ向かいました。札所巡りの満願のお寺です。途中多賀SAで休憩。京都から2時間半弱で到着しました。駐車場から、桜と楓の植えられた道を歩くこと10分、荘厳な仁王門へと到ります。

西国札所第33番谷汲山華厳寺

宗派; 天台宗  本尊;十一面千手観世音菩薩

本堂でまずお勤め。法螺貝~読経~御詠歌~法螺貝。

本堂の回廊を左手の方に回って行くと、千羽鶴に彩られた笈摺堂があり、これまで奉納された笈摺がびっしり積み重ねられてありました。その前を過ぎて、明るい日差しを浴びながら石段を上っていくと満願堂に着きました。ここで満願達成を報告し、札所巡りの結願を迎える。

整列して、いよいよ満願のお勤め。高い杉木立の中で鳴る2台の法螺貝の音は、これまでにも増して生身の五体に響いてきました。深いところから、さながら大海原で波がくりかえし押し寄せてくるように、低い音から高い音へとそしてまた低い音へと繰り返し奏される、深みのある、全てを包み込んでくれるような大きくて温かい音の響きを胸に感じながら思わず涙があふれてきました。

 ここで今回最後の般若心経を読み御詠歌を唱えて満願となりました。お互いに抱き合ったり、記念写真を撮ったりして満願の安堵と喜びを分かち合いました。

 ↓ 満願堂  この前こ全員並んで記念写真を撮ってきました。 

 ↓ 本堂を後にする。

緑が美しかったです。

↓ 二王門  門の前で心からの一礼をし結願の寺、西国札所第33番谷汲山華厳寺を後にしました。

この後昼食。名神高速、名古屋高速を利用して名古屋駅へ。17:12発のぞみで東京へ。19:16やまびこで20:05宇都宮着。無事帰宅しました。


nice!(32)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行